呼吸を見つめる
そんなシンプルな瞑想法があります。
これは「呼吸瞑想」と呼ばれています。
私たちは生きている限り当たり前に呼吸をしています。
しかし「呼吸瞑想」ではこの呼吸に気づくことが大切なのです。
この「呼吸」に気づくことで
・過去に囚われた
・未来に不安を感じる
そんな状態から解放されることができあmす。
今この瞬間の呼吸に集中することで、今ここに生きる感覚を得ることが出来るのです。

呼吸に集中する呼吸瞑想のやり方

では、呼吸に集中する瞑想のやり方である呼吸瞑想の動画もも参考にしてみましょう。

リラックスできる服装で静かな環境で座る

リラックスできる服装で、鈴鹿に座れる環境に身を置きましょう。
寝室
リビング
自分の部屋
など人や物音があまり気にならない場所と時間を見つけましょう。

呼吸瞑想の座り方

座り方は
腰が起きる
骨盤が立つ
そんな形で座りましょう。
腰が起きる形であれば正座でも構いません。
椅子に腰かけて行う場合は背中が丸くならないように座面のやや前のほうで座りましょう。
足の裏はなるべく床にしっかりつくようにします。
腿(もも)の内側を中心に寄せるようなイメージを持つとより安定します。

呼吸瞑想で座り方は重要

呼吸瞑想では座り方もかなり重要です。
腰を建てたら、まるで自分が天高くまっすぐに伸びた大きな樹木になったイメージを持ってください。
背骨を大地から頭頂へ伸びるような感じです。
座骨が安定すると、自然に天に向かって伸びるエネルギーを感じることが出来るはずです。

座る姿勢などはこちらの動画も参考にしてみてください。

呼吸に意識を向けていく

徐々に呼吸に意識を向けていきます。
息が自然に入って、自然に出ていくことに気づくことを感じましょう。
ここでは無理に深い呼吸に囚われなくても大丈夫です。
あなたがなにもしなくtれ、呼吸は続くので安心してください。
その呼吸の波に心を置いていきます。
心が呼吸と共にある限り、今あなたは「マインドフル」の状態にあるといいえます。

しかし、心はいつも彷徨うものですい。
他に注意がそれてしまっても落胆しなくても大丈夫です。
大事なのは注意がそれたことに気づくことなんです。
改めて、仕切り直して瞑想を再開しましょう。

予め決めた時間が過ぎたら今の呼吸瞑想を振り返る

異常の作業を射繰り返していくと瞑想の力がついてきます。

予め決めていた呼吸瞑想の時間(最初は5分から10分間程度)が終わったら、今少し今のこきゅ瞑想について振り返ってみましょう。
どんなことが頭をよぎったのか?
その理由はなぜなのか?
軽く自分に問いかけてみましょう。

瞑想していた自分を客観的な大三者の観点から見たイメージで振り返ります。
呼吸瞑想を始める前と後で自分にどんな変化が起こったのか?
あらためて気づくこともあるかもしれません。

呼吸瞑想をすると息が苦しくと今りそうになりる?

よく
「呼吸瞑想をしていると息が浅くなり、苦しくなります」
「このまま息が止まってしまうような不安な気持ちなりあmす」そんなことをよく感じる方もいます。

息が咲くなっていること自体に気づくのはすごくいいことです。
どんなに浅い木でも止まることは無いので安心してください。
ただ
・息が苦しい
・息が止まりそうな感じがする
と感じたのならばもう一度最初から呼吸瞑想をやり直してみてください。
遠慮なく
目を開け、
身体を動かし
深呼吸得押して
再びにチャレンジしてみてください。

深い呼吸をすることが瞑想ではありあm線。
実際に呼吸に集中していると「息をしているかどうかも分からない」状態になることもあるのです。
なにより無理はせずリラックスして呼吸瞑想を行いましょう。

呼吸に集中できないなら顔に手を当てて呼吸を感じる

呼吸に心を置く
その言葉のニュアンスがなかなかうまく伝わらないこともあります。
たとえば自分の顔に手を当てて、自分の呼吸に触れてみてください。
しばらく顔に手を当てて自分の呼吸に注意を向けてから、自然に手を放してみましょう。
手を放していてもそこにまるで手を置いているかのようなイメージを持ってみてください。