歩きながらできる瞑想をご存知ですか?
実は瞑想はいつもじっと座ってやるものとは限らないのです。
歩きながらする瞑想(歩行瞑想)のやりかたもぜひ知っておきましょう・。
慣れてくれば、朝晩の通勤時間のちょっとした時間をこの「歩きながらる瞑想」に当てれば仕事や勉強の能率も上がります。

DAIGOが語る歩きながらする瞑想(歩行瞑想)

じっと座って瞑想するのが苦手な方におすすめなのがこの歩きながらする瞑想(歩行瞑想)です。
メンタリストDAIGOさんもこの歩行瞑想について熱く語っています。

歩きながら瞑想(歩行瞑想)のやり方

マインドフルに歩きながら瞑想する方法にはいくつかスタイルがあります。・
ここでは代表的なやり方を紹介します。
まずはこちらの動画をご覧ください。

歩きながら瞑想するには十数歩だけ歩けるスペースがあればいいい

歩きながらする瞑想にはわずか十数歩のスペースがあれば可能です。
そのスペースを何度も往復します。
あtるきながら瞑想(歩行瞑想)では家から公園までとかもっと長い距離dでもかまいませんし、もっと短い距離d芽生構いません。
要は集中して歩く動作をできるスペースがあればいいのです。

最初は5分程度からでもいい

意外とこの歩きながらの瞑想で「ただ歩くという動作だけに集中する」ということが簡単ではない鵜ことに気づくと思いあmす。
ですから最初は5分程度から始めてみるのもいいでh相。
慣れてくれば徐々に10分から20分くらいにできるようになれば十分です。
ただ在っるく動作に集中していると時間のこともあ忘れて暇いがちで主。
スマホなどでタイマーをセットしながら行うのもいいでしょう。

手はお腹の前で重ねたり背中の後ろ組むのも良い

今ここの歩く足に意識を集中する事が大切です。
ですからあえて手は大きく動かさないようにします。
手はお腹の前で組むか、背中の後ろで組むのもいいでしょう。

歩くスピードはかなりゆっくり

ただのウォーキングではなく、瞑想しながら歩くのです。
足を動かしながら足の裏の感覚を研ぎ澄ましながら歩きます。
ですからおのずから歩くスピードは普通に歩くよりはかなりゆっくりになります。

足への注意の向け方

一歩一歩の足への注意の向け方は、あえて集中しすぎないほうがいいです。
集中しすぎてもいけません。
軽やかな気づきを足に向ける感覚です。
あえて「パッ、パッ」と一歩一歩の足に注意を剥ける感覚です。

雑念が浮かんできたことを自覚する

しばらく歩行瞑想をしていると
・今日の予定のいこと
・さっきまでしていたこと
・恋人のこと
・受験のこと
・歩くことの疲れ
さまざまなことが頭をよぎってきます。

大切なことはこの今まさにその心の動きを自覚することなのです。
心が動いたことに気づくことが大切です。
それに気づいたら再び足に注意を集中します。

この繰り返しが、あなたの心の筋力トレーニングなのです。

「一歩一歩の足が今ここにある」という感覚

この瞑想のイメージはなかなか言葉では表現bンしにくいものです。
あえて例えるなら
一歩一歩の足に集中すればするほど「今まさにここにある」
という感覚です。
考えごとすら出ない時間が続きます。
そして心静かにリラックスできていたことに気づくでしょう。

予め決めた時間が来たら、今その起きていることを感じる

瞑想は時にタイムワープしてしまうこともあります。
ですから予め瞑想する時間を決めておくのも良いでしょう。
タイマーなどで設定しておくのもお勧めです。
予定した時間が来たら、今まさに起きていることを感じましょう。
呼吸
身体
心の状態
自分ではなく第三者が自分を見ている感覚です。

これらのことを踏まえて今一度、この歩きながらする瞑想(歩行瞑想)のやり方動画をご覧ください。
よりイメージが湧くと思います・。

歩きながらする瞑想(歩行瞑想)は一歩一歩の足に心を置くこと

座って目を半眼で行う瞑想とは異なり、歩きながら目を開けてするこの歩行瞑想ではしっくりこない感覚の方も多いと思います。
そもそも座って行う瞑想と歩きながらする瞑想では集中するポイントが違うからです。
sy割って行う瞑想は、自分の呼吸を見つめるというか内面に集中します。
しかしこの歩きながらする瞑想は一歩一歩の足に心を置くという感覚です。
ですから、歩くスピードが足にあまりに集中しすぎると、気づかぬうちに「ジーーィ」とスピードがゆっくりすぎるようになることもあります。
それはそれでよいのですが、ここではあえて「パッ、パツ」と軽やかな歩行瞑想をおすすめしています。
スピードがあまりにも遅くなるほど集中しなくても、今この一歩一歩の足に心を置く感覚を身に付けて欲しいのです。